バツイチやシングルマザーの出会い&再婚に強い婚活サイトはコレ!

[公開日]

婚活サイトの登録者は年々増加傾向にあります。

利用者層も幅広く、バツイチやシングルマザー、シングルファザーの方にとっても出会いの良いきっかけとなっています。

条件を指定して相手を探せるのも「理解者」を求めるバツイチの方にとって好都合と言えるでしょう。

このページでは離婚歴アリ、子持ちの方におすすめの婚活サイト・アプリをまとめました。

目次
 

【バツイチ率で比較】どの婚活サイト・アプリが再婚に向いている?

※横スクロールします

サービス名結婚歴アリ
の割合
おすすめ度年齢層特性
マリッシュ
マリッシュ
good
42%
20代~50代女性完全無料。再婚活をコンセプトにしている
Match
Match(マッチ)
27%20代~50代会員多い。
ユーブライド
ユーブライド
22%30代~40代年齢層高め。Mixiグループ運営
ブライダルネット
ブライダルネット
10%20代~40代一部上場企業運営。安全性高い。
ヤフーパートナー
ヤフーパートナー
17%30代~50代会員多い。年齢層高め。女性完全無料
エキサイト婚活
エキサイト婚活
10%30代~50代年齢層高め
ペアーズ
ペアーズ(Pairs)
9%×20代~30代会員多い。女性完全無料
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
8%×20代~30代安心のゼクシィブランド

バツイチ率の高い婚活サイトが成功しやすい!

バツイチにおすすめなのは、【マリッシュ】【Match(マッチ)】【ユーブライド】の3つです。

特にマリッシュは、「再婚活」をコンセプトにした独自性の高い婚活サイトで、利用者の多くが「離婚歴アリ」です。

マッチ、ユーブライトは年齢層が高めで、これらもバツイチ率が他よりも高めなのでおススメです。

ペアーズは人気の婚活アプリだけど…

ペアーズはバツイチ率が低いですが、会員数自体が多いので、バツイチの人数もおのずと多くなります。

しかし、結婚を見据えた出会いではなく、恋活目的での利用者も多く、若い層が中心なので「バツイチ、子持ちに理解がある人」は多いとは言えません。

ペアーズは業界トップクラスの人気の婚活アプリですが、利用者層から考えると、再婚活にベストとは言えないでしょう。

次に、おすすめの3つの婚活サイトを詳しく掘り下げてみましょう。

どれもバツイチの方に有利ではありますが、メリットだけでなくマイナス面もしっかりチェックして検討しましょう。

マリッシュ(marrish)

マリッシュ(marrish)

バツイチが主役!「再婚活」がテーマの婚活サイト

離婚歴アリ・シングルマザー・シングルファザーへの理解者が多い!

運営会社株式会社マリッシュ
会員数約16万人
男女比6:4
年齢層20代~50代
離婚歴アリ率42%
料金・1ヵ月女性無料 男性2,980円~
料金・6ヶ月プラン女性無料 男性2,330円~

おすすめポイント

  • 「離婚歴アリ」が半数近く
  • 女性完全無料

注意点

  • ×会員数が少ない
  • ×女性無料なので安全性にやや難あり

婚活サイト・アプリでは珍しい再婚活向けのマッチングサービスです。

再婚希望者、シングルマザー、シングルファザーに対する優遇プログラムが充実しており、利用者の多くがバツありの方。

婚姻歴がない会員も「相手が離婚歴ありでもOK」との考えが多く、再婚同志、バツありとバツなし、など多くのカップルが誕生しています。

女性はほとんどの機能を無料で利用できる点もメリットですが、気軽な分、本気度が低い人が登録しているなど難点もあります。

⇒マリッシュを無料で始める

Match(マッチ)

Match(マッチ)

業界トップクラスの会員数!出会いのチャンスが多い

運営会社マッチ・ドットコム ジャパン株式会社
会員数約187万人
男女比6:4
年齢層20代~50代
離婚歴アリ率27%
料金・1ヵ月男女同額3,980円
料金・6ヶ月プラン男女同額2,467円~

おすすめポイント

  • 会員数が多い
  • 年齢層が高め
  • 自動マッチングシステムが高性能

注意点

  • ×サイトが使いにくい

Match(マッチ)はアメリカ発、世界最大の会員数としてギネスに認定されているマッチングサイトです。

日本での利用者も業界トップクラスで、30代、40代の利用も多く、離婚歴ありの割合も高め。

最先端のシステムを利用したマッチング機能により、良質な出会いが望めます。

サイトがやや使いにくいのが難点ですが、アプリはシンプル機能で使いやすいです。

⇒Match(マッチ)を無料で始める

ユーブライド(youbride)

ユーブライド(youbride)

年齢層高め。40代ならユーブライドがおすすめ

運営会社株式会社Diverse(mixiグループ)
会員数約166万人
男女比7:3
年齢層30代~40代
離婚歴アリ率22%
料金・1ヵ月男女同額4,300円
料金・6ヶ月プラン男女同額2,966円~

おすすめポイント

  • mixiグループ運営
  • 運営歴が長い
  • 年齢層が高め
  • 会員数が多い

注意点

  • ×写真掲載率が低い

会員数が多く、バツイチ率も高いので、再婚活に向いている婚活サイトです。

写真を掲載している人が少ないので、相手の第一印象をつかみにくいと言う難点がありますが、写真を掲載しなくても出会いやすいとも言えます。

他の婚活サイト・アプリよりも年齢層が高めなので40代以上におすすめです。

⇒ユーブライドを無料で始める

バツイチ向けの婚活パーティー、結婚相談所は?

婚活方法は婚活サイト・アプリ以外にも色々あります。

低コスト&手軽さで言えば婚活サイト・アプリが一番ですが、プロのアドバイスが欲しい場合は結婚相談所、フィーリング重視なら婚活パーティーが良いでしょう。

中でも、再婚活に向いている婚活パーティー、結婚相談所をピックアップしました。

バツイチにおすすめの婚活パーティー

【選ぶポイント】
再婚活向けパーティーを開催している

離婚歴に理解ある人と出会いたい場合は【再婚活向けパーティー】を選ぶと良いでしょう。

開催数自体はそれほど多くありませんが、対象を絞り込んだパーティーの方が展開がスムーズで成功率も高めです。

下記に都内で1ヵ月間に開催される【再婚活向けパーティー数】をまとめました。

イベント運営会社再婚活向けパーティー数/月(都内)
PartyParty30
おとコン(OTOCON)不明
シャンクレール40
エクシオ19
ホワイトキー0
ゼクシィ縁結びパーティー不明
YUCO.(ユーコ)不明
ノッツェ婚活パーティー不明
a’ccu(アクー)不明

「不明」・・・パーティー検索で「バツイチ向けのパーティー」を絞り込めない場合「不明」としています。

主要イベント会社の半分が「再婚活向け」で絞り込んで選べないようですね。

開催数が多いのはシャンクレール、PARTY☆PARTYの二つ。

こちらはパーティー数も多いですが、趣味コンやイベント系も多いなどその他のメリットもたくさんある人気のイベント会社です。

それぞれの特長、デメリットなどを詳しくまとめました。

シャンクレール

シャンクレール

バツイチ女性が参加しやすい

バツイチ・再婚の婚活パーティーを絞って選べる

運営会社株式会社シャン・クレール
参加費男性:4,500円~6,500円 女性:500円~1,500円
割引500円お得なWeb割(男性は1000円の場合も)など
パーティー形式オープン会場、個室、イベント
対応エリア全国主要都市85か所
  • バツイチ・再婚の婚活パーティーあり
  • 参加費が安め(WEB予約で500円引き)
  • カップリング率が高い
  • ×本気度の低い参加者がいる場合も

シャンクレールは1994年創業の歴史がある婚活業界のパイオニア。

実績と信頼性はトップクラスで、カップリング率の高さに定評があります。(最高84%)

パーティーも「バツイチ向け」の他、「年代別」「ハイステータス」「特別コラボ」など様々な企画があります。

女性の参加費が安めなのが魅力ですが、気軽さ故に「友達に誘われて」「暇だったから」など真剣な出会いを求めていない女性が参加している場合もあります。

⇒シャンクレールのパーティーを見る

PartyParty(パーティーパーティー)

PartyParty(パーティーパーティー)

婚活パーティー最大手

「婚姻歴理解者」限定のパーティーあり

運営会社株式会社IBJ
参加費男性:4,500円~6,000円 女性:1,500円~2,500円
割引早割で500円オフ。クーポン割引など。
パーティー形式個室(男女各8~12名)が多め、大規模、合コン、イベント、セミナー
対応エリア全国主要都市64か所
  • 「婚姻歴理解者」限定のパーティーあり
  • 企画・イベント系が多い
  • 一部上場企業が運営
  • ×参加費がやや高め

パーティー開催数、企画の多さは業界トップクラス。

「ラテアート体験婚」「遊園地婚」「畑de婚活」「血液型婚 A型・O型限定」など、ユニークな企画が目白押し。

もちろん、スタンダードなパーティーも多いので落ち着いた雰囲気で出会いたい方にもおすすめできます。

参加費はやや高めですが、その分真剣度の高い参加者が多いとも言えます。

⇒PartyPartyのパーティーを見る

バツイチにおすすめの結婚相談所

【選ぶポイント】
再婚活向けサービスの充実度に着目しよう

結婚相談所は他の婚活サービスに比べて料金は高いですが、その分成婚率が高いのが特長です。

経験豊富な婚活アドバイザーのサポートが受けられるので、一人一人事情が異なるバツイチやシングルマザーでも確度の高い婚活が望めます。

大手結婚相談所なら離婚歴がある方の利用も多いので、料金、サービス内容などを比較して自分に合った結婚相談所を探してみましょう。

以下ではバツイチ(シングルマザー)向けプランがある結婚相談所をピックアップしました。

楽天オーネット

楽天オーネット

再婚実績が多い

約26%が男女いずれかが再婚のカップル

運営会社株式会社オーネット
会員数約4.8万人
男女比5:5
成婚実績23.90%
対応エリア全国40店舗
初期費用106,000円+税
月会費13,900円+税
お見合い料なし
成婚料なし

バツイチおすすめポイント

  • 成婚退会者の26%が再婚
  • 男性会員の2割が「お相手に子どもがいてもOK」
  • 「子育てママ応援プラン」あり

その他おすすめポイント

  • 会員数が多い
  • 出会いの場が多い

注意点

  • ×基本はデータマッチング。仲介は有料オプション

楽天オーネットは充実のサービス&低コストを実現した、コストパフォーマンス抜群の結婚相談所です。

再婚活の成功実績も多く、再婚による退会者は全体の26%と高い割合を示しています。

また、シングルマザーに向けた「子育てママ応援プラン」では、通常プランよりも料金を抑えて利用することができます。

⇒楽天オーネットの公式サイトはこちら

NOZZE(ノッツェ)

NOZZE(ノッツェ)

シングルマザー向けプランあり

運営会社株式会社結婚情報センター
会員数非公開
男女比6:4
成婚実績非公開
対応エリア全国21店舗
初期費用77,500円+税
月会費4,500円~19,500円+税
お見合い料0~10,000円+税
成婚料0~100,000円+税

バツイチおすすめポイント

  • シングルマザー限定の特別料金プランあり

その他おすすめポイント

  • プラン充実
  • 運営歴が長い

注意点

  • ×お見合い料、成婚料が発生する

NOZZE(ノッツェ)は時代に合ったサービスを展開している老舗結婚相談所。

アドバイザーによるフルサポートプランはもちろん、20代~中高年の年代別プランや、他社からの乗り換えプラン、「恋する遺伝子」検査を元にしたDNAマッチングコースなどプランも充実してます。

シングルマザー向けプランは、「特別料金」「24時間結婚ナビシステム」など、子育てで忙しい中でもコストや時間を気にせず活動できるプランとなっています。

⇒NOZZE(ノッツェ)の公式サイトはこちら

4組に1組が再婚の時代。バツイチでもどんどん婚活すべき

厚生労働省の調べによると、日本の離婚率は年々増加し、3組に1組が離婚しているそうです。

また、結婚するカップルの内、4組に1組が再婚と言うデータも出ています。

今やバツイチは少数派の時代ではありません。

それを裏付けるように、マイナビウーマンの調査で「バツイチが恋愛対象になる」と答えた人は男性55%、女性64%と言う高い水準が出ています。

尚、「バツイチ子持ちが恋愛対象になる」と答えた人は男性34%、女性24%。

以外にも女性より男性の方が「子連れ婚」に理解がある人が多いようですね。

このページでは再婚活におすすめの婚活方法をピックアップしてご紹介しましたが、今は、離婚、再婚は珍しくない時代。

上記のデータでもわかるように相手の婚姻歴が気にならない人は多数派と言えます。

なので、婚活も「バツあり」「バツなし」によって変える必要がないかもしれませんね。

それでも、離婚歴や子連れ婚に負い目に感じてしまったり、出会いの機会が少ないと感じる方は、再婚活サポートが手厚いサービスを利用してみましょう。

バツイチの婚活心得

バツイチの魅力を活かそう

バツイチであることは、結婚への障壁と考えがちですが、逆に人としての魅力に転じる事もあります。

男性が感じるバツイチ女性の魅力は

  • 広い心を持っていそう
  • 自立していそう
  • 人生経験が豊かそう
  • 家庭的
  • 色気がある

などです。

やはり、離婚と言う辛い経験は自ずと人間としての、女性としての深みをもたらしているようです。

結婚は恋愛の延長線上といかないこともあります。

落ち着いた恋愛をしたい男性は、結婚の現実を知っているバツイチ女性の方に惹かれるのかもしれません。

また、アラフォーの場合、40代で一度も結婚経験がないと、「何か人間性に問題があるかも?」と勘繰られてしまう場合も。

だったら初婚よりもバツイチの方が・・・と考える男性も少なくないようです。

どのみち、自分なりの魅力が伝われば離婚歴などは気にならなくなるものです。

「バツイチだから」と卑屈にならず、その経験も武器にして婚活をすすめましょう。

バツイチ婚活 成功するためのポイント

離婚歴、子供の有無をオープンにする

婚活サイト・アプリの場合、プロフィール設定で「結婚歴あり/なし」を選択することができますが、さらに自由文を書くことができるプロフィール欄にも離婚歴に触れておくのがベストです。

婚活サイト・アプリはネット上でのやりとりが主なので、最初の内は相手の事がわかりにくい部分があります。

離婚歴や子供の有無などの情報を最初に提供し、条件に合う合わないをフィルタリングした方が、先のない無駄な出会いを避けることができ、その後の展開もスムーズです。

ただ、離婚理由など具体的なことは、やりとりが進んだ段階で話した方が良いでしょう。

元パートナーの悪口など離婚のマイナス面ばかりを言わない

出会った相手に自分の過去について話す機会があると思いますが、その際は離婚経験のマイナス面だけを語らないようにしましょう。

別れたパートナーの悪口や自分の落ち度、シングルマザーの大変さなど、つい口に出してしまいがちです。

自分を知ってもらうことは大切ですが、そればかりだと良い印象を持たれないので注意しましょう。

精神的、経済的に自立する

離婚歴の有無に関係なく、自立していない女性は結婚相手に選ばれにくいものです。

専業主婦が多かった昔に比べ、今は約60%が共働き家庭と言われていますので、専業主婦希望の婚活は狭き門と言えます。

また、離婚して実家に出戻る方も多いと思いますが、実家暮らしは「自立心が低そう」と言うイメージが持たれやすいため、婚活には不利と言えるでしょう。

小さい子供がいるなど、やむを得ない事情で実家暮らしをしている場合は、経済面で自立している部分を見せましょう。

女性としての魅力も見せる

シングルマザーの場合、子供を第一に考えるのは当然のことです。

「再婚は子供のため」と考える方も多いと思いますが、相手にママとしての自分ばかり見せてしまうのはよくありません。

服装、ヘアメイクが所帯じみていたり、デートの時は子供の話題ばかりだったりすると、恋愛感情も育まれにくくなります。

恋愛を経て結婚に至るわけですから、ママとしての魅力だけじゃなく、女性としての魅力も見せるようにしましょう。

相手も仕事、子育ての両立の大変さは理解していると思いますので、特別なことはしなくても、年相応で清潔感のある服装、ヘアメイクだけでも充分です。